外壁塗装は定期的に塗り替える必要があります。建物の老朽化や環境の影響によって塗装はどんどん剥がれてしまうことになります。
外壁塗装のリフォームを行う場合には、自分でリフォーム時期を判断することが出来ます。それではどういった基準で判断をすればよいのでしょうか。

目安時期

使用している塗料の種類にもよりますが、一般的には10年に1度の塗替えが必要と言われています。これは外壁だけではなく、建物のありとあらゆる部分を点検する必要があります。

環境

住んでいる環境によって、建物の傷み具合が変わります。海の近くでは、海水の塩分が風に乗って外壁に影響を与えます。また、高速道路沿いでは排気ガスの影響を受ける恐れがあります。工場が近くにあるという場合は、工場からの排出物の影響を受けるおそれがあります。
そのため、環境によっては目安になっている時期よりも早くメンテナンスを行う必要があります。

劣化

外壁が色褪せ、ひび割れ、剥がれ、腐食している場合には外壁塗装を行う必要があります。