外壁塗装リフォームを行う上で、色というのは建物の印象を左右します。
塗ってから後悔しないようにするために、色選びは慎重に行う必要があります。ここで、後悔しない色選びについて紹介します。

・周囲の色と比べる
自分の家だけで色を決めるのではなく、周囲の色も考慮して選ぶようにしましょう。周りの色調と合っていない場合には浮いてしまう恐れがあります。また、周囲に植物、木々があるという場合には緑を引き立てて色を選ぶことで周りと調和しやすいです。

・明るさ
暗すぎる色というのは周囲に威圧感を与えてしまうことになります。逆に明るすぎると浮いてしまいます。また、明るさを選ぶ場合にはサンプルを見ながら決めることになりますが、サンプルの狭い面積で色を決めることで、仕上がりのイメージと大きく変わってしまいます。同じ色でも面積が広い方が明るく見えてしまうので、サンプルから色を選ぶ場合には、イメージしている色よりもワントーン抑えましょう。

・汚れ
外壁は外気の影響を直接受けるので汚れてしまいます。特に白や黒というのは汚れが目立ちやすいです。ただ、鮮やかな色というのは色落ちしやすいので、落ち着いた控えめの色を選ぶようにしましょう。