外壁というのは住まいの顔です。
また、外壁というのは汚れや破損がある状態をそのままにしていると住まいの耐久性に大きく関わっています。

老朽化

住まいのどのような部分でも、築年数が経過することで老朽化してきます。しかし、老朽化をそのまま放置していると、どんどんと建物の耐久性が失われてしまいます。そうすると私達は安全な暮らしを送ることができなくなってしまいます。

リフォームの必要性と時期

外壁が老朽化してきたということであればリフォームを行う必要があります。
リフォームをすることで外観の美しさが取り戻されますし、建物の機能も高くなります。
外壁の寿命というのは外壁の種類、外壁塗装の種類によって異なります。
また、一般的な寿命というのはありますが環境や住まいの状態によって変わってきます。そのため、定期的に点検を行い、リフォームを行う時期を見逃さないようにしなくてはなりません。

放置していると

外壁のリフォームを放置していると、修理費が高くなり、修理にかかる期間が長くなります。
また、二次被害、三次被害というように被害状況を悪化させてしまう恐れがあります。

資産価値

資産価値を下げないために、快適で安全な暮らしを送るために外壁のリフォームは必ず行うようにしましょう。